ジバチを捕る

注意!:今回の記事は、何年振りかの「蜂の子とり」という事でテンションが上がっておりますので写真も大きめでアップしております。グロテスクな内容、画像が含まれておりますので、虫が苦手な方は読まないで下さい。

 

9月、お付き合いのある大工さんより電話がありました。

「うちの庭にジバチが巣を作ってしまったので社長取りますか?」と・・・

社長と私ですぐに現地まで向かいます。

IMG_5094

IMG_5095

ハチ危険と書かれた板が置いてあり、枕木の下からハチがブンブン通っています。

「いいなぁ~いっぱい通っているなぁ」と社長

事務所に帰ると早速大工さんに電話しておりました「9月じゃ早いから10月の頭まで待っていいですか?」

ハチ危険と書かれている位だから大工さんは早めにとってほしかったのだと思いますが、社長はハチの成長を待つ選択をし、無事了解を取っていました、さすがB型社長!

そして昨日はハチとり決行日です!

作戦としては、枕木をどかしてハチの巣に続く穴を見つけ、そこにハチ捕り花火を入れる!

そして濡れタオルをかぶせ、煙幕を巣内に充満させて掘るという通常プランで行う段取りをします。

社長が枕木を動かした瞬間にいち早く巣の穴を見つける為に巣の近くに行き、目を凝らす私・・・

枕木をどかすと、「バクッ」と鈍い音・・・

目を凝らしていた私が見たのは、巣に繋がる穴ではなく、巣の頭の部分が取れた巣の内部でした。

えっ。。。

その瞬間、社長は数多くの経験から、もう遠くまでダッシュしておりました。

当然、逃げ遅れた私は、ハチに囲まれ、逃げても私に蜂の大軍が付いてくる訳です。(しかもかなりお怒り)

多分あのまま100m走らせたら自己新記録が出たのかもしれません。

何か所も刺されながらハチを振り切り、安息の地(社長のクラウン)に逃げ込んだ私ですが、数匹車内に連れ込んでしまった為に車内でも戦いが始まります。

(先に安息の地についていた社長にも恐怖のおすそ分けをしてやりました。)

左耳中心に何発かさされたようで顔左半分痛い私・・・

車の中のハチを全てやっつけて、(社長は完全に無傷)再び安息の地になったクラウン。社長は元気なので車で巣に近づきます。。。

「あ~怒ってる、凄い怒ってる。」と突つく所か、何が起きたのかと大騒ぎになっているハチを見ています。

社長、私も怒っているハチも見たいけど、まずは助手席の痛がっている私を見て下さい。と私の心の声。

でも安全な車の中から巣を見て、分析をします。

〇地面の中に巣があるのではなく、上に置いてあった枕木は相当古いもので中が腐食しており、空洞になっていた。

〇ハチの巣はその枕木の空洞の所から始まり地面の中に作っていた。

〇枕木をどかしたという事は、巣を真っ二つにぶった切った。

〇巣の中にいたハチは突然、お日様の光を浴びる。

〇当然!激おこ

ハチも怒っているので危ないのでとりあえず会社に戻ります。

私も、顔の左半分が痛いのと、左目が霞んで見えるので病院に行きます。

アナキラフィシーショックとかも大丈夫そうと言われたので、

これからリターンマッチに向かう事を病院の先生に告げます。

先生はビックリして色々指導をしてくれた上、紙資料も頂きました。

CIMG7317

色々な薬。

そして、また決戦の地へ向かいます。。。。

CIMG7299

まだ怒ってるかなぁ

CIMG7297

判定は チョイおこ です。

ここでリターンマッチの作戦タイム

今回の戦いでは、巣が出てしまっている、ハチとり煙幕を入れても煙がみんな出てしまい、巣の中に充満してハチを気絶させられない。

ハチ捕り煙幕を巣の上に置き、その上に濡れたタオルをかけて煙充満させる。この際に枕木にも巣があるので枕木にもタオルをかける必要がある。ハチ捕り一本を使ったら、今度は枕木側にもう一本ハチ捕り煙幕を使おう。

何故か、私がタオルを掛ける役を仰せつかりました。

どうせ、花火置いたらすぐ逃げるんでしょう。。タオル2枚を渡され、2枚掛けなの?時間かかるじゃん。

少し抵抗した結果、枕木タオル担当は社長になりました。

いざ!

CIMG7301

へっぴり腰で煙幕を置く社長。

 CIMG7303

作戦は見事成功です。

CIMG7305

CIMG7308

取れた^^

しかしながらここからが大変。

IMG_5099

一個ずつピンセットで蜂の子を巣から取り出します。

一個、一個、黙々と・・・

モクモクモク・・・

CIMG7315

 CIMG7314

出来た~。

とここまでが昨日の出来事です。

本日は社長が炊飯器ごと出勤をしてくれて・・・

IMG_5103

 IMG_5102

IMG_5104

会社のみんなで長野県や山梨県の郷土料理の

蜂の子ごはんを頂きました~。

今回は色々あったけど、蜂の子ごはんを食べると幸せです。

以上、長編の記事でした!

長い記事にお付き合い頂きましてありがとうございます。

軽井沢で桃をつくる。

2012年にいもむし農園(軽井沢町発地地区)に植えた桃♪

今年も収穫できました(´・ω・`)

「いもむし農園は農業についてほんの少しだけ知っている農家の次男坊、(弊社の社長)が軽井沢の涼しい独特の気候などを一切無視し、実験感覚または遊び心で作物を作っている農園です。過去にはゴーヤペピーノ・メロン・切ると紫とか黄色のジャガイモ等、不思議な作物も収穫されております」

O

O

O

植えた頃より桃の木も大きくなり、実の数が増えても耐えられるようになってきました(*^▽^*)

まだまだ市販の桃に比べると小さく甘みも少ないのですが、社長も本当の農家の様に紙で身を包んでみたり、楽しみながら作ってます(*´ω`*)

O

うん!見た目綺麗ですね^^写真だと桃の大きさが良く分からないから本当に見事な桃に見えます(´・ω・`)

来年はもっと大きく美味しい桃がとれるといいな(´・ω・`)

軽井沢産にんにく

弊社の軽井沢町発地にある「いもむし農園」では

昨年の9月下旬に植えたにんにくが収穫の時期を迎えました^^やったー!

先月、6月には・・・(*’ω’*)

O

にんにくの芽を楽しみました~!!

O

O

にんにくの芽をお肉で巻いてコトコト煮込み(´・ω・`)

O

肉巻きにんにく~♪(芽)

そして7月ついに、にんにくの収穫(。-`ω-)

P1070979

なんか小さいのもありますが、立派なにんにくを収穫する事が出来ました^^

P1070980

土から出てきたにんにくは屋外なのに強烈なにんにく臭を放っています!

ベランダでにんにくを少し乾燥させようと置いておいた所、網戸にしていた為、風と共に建物に入り込み家中がにんにく臭に包まれてしまいました(*´ω`)

そのまま炙って、ジャガイモの様なホクホク感を味わってもいいし、ペペロンチーノ等、おしゃれ料理にしても美味しそう・・・ 
にんにく潰して油でいため、そこに大き目のお肉をドーン!! もうたまりません。

ここ何日か信光不動産のメンバー。。。臭いかもしれません(*´Д`) すみません。

軽井沢でも美味しいにんにくは育ちます!!是非皆様も試してみて下さい(*’ω’*)

ふきのとう

今年のふきのとうシーズンもそろそろ終わりですね(>_<)

私の中でふきのとうは、一番最初に春を感じられる味覚で毎年楽しみにしている山菜です。

例年社長の自宅の庭に食べ切れない程出てくるのですが、ふきのとうの段階でとりまくり、また成長しても今度はフキの煮つけの為に収穫されたりと、乱獲の為なのか数が減ってきた気がします(´・ω・`)

P1070685

綺麗なふきのとうです♪まだ緑の少ない茶色のじゅうたんの中にある薄い緑のふきのとう・・・

嬉しい光景です(鎌でとってしまうのですが)

P1070665

P1070659

今晩の天ぷらの量だけ収穫します(*´ω`)

P1070667

天ぷら完成!天ぷらに揚げるとき「がく?」を広げて揚げると居酒屋で出てくるような美しい仕上がりになります。

以前はうちはとったそのままの形で揚げましたが最近はビジュアルの為に開いてます^^

がくを開かないで揚げると開いたときより苦みや香りが多くなりますのでお好みで試してみるのも良いかもしれません(´・ω・`)

P1070673

揚げたてサクサクをごはんと共に頂きます^^この苦味がたまりません!

P1070694

ふき味噌も最高です(´・ω・`)

今年もふきのとう楽しませて頂きました♪

みつばち

弊社でいつもお世話になっている大工さんより連絡がありました。。。

「発地の現場の軒裏に蜂の巣があったのですが、社長取りますか?」

「はい!とります」

という事でまず下見(。-`ω-)

P1070296

社長の見立てによるとこれは「日本ミツバチの巣」
西洋ミツバチが年何回も蜜が取れるのに対して、日本ミツバチは年一回、そして採れる蜂蜜の量自体も少ない為、とっても貴重なものという事です。

本当に貴重という事で社長も素人の自分で取ってしまい女王蜂を傷つけてしまったら可哀想ですので養蜂業者さんにとってもらう事に・・・
話合いの中、蜜は社長、女王蜂は業者さんという事になる。

そして作業開始・・・
女王蜂を入れるための、養蜂用の箱を持ち込んだ業者さんは手際よく巣を取っていきます♪

P1070299

P1070303

採ったばかりの巣。その中で特に蜜が入っていそうなものをピックアップしてざるに入れます。

O

写真ブレてますが蜂蜜タップリなのが分かっていただけます?

P1070309

これをストーブの前において温めると・・・

P1070321

蜂蜜が落ちてきます・・・

P1070322

味見をしてみると・・・「うまっ!!!」なんの花か分からないけどとにかく花の味がします!

P1070328

ビンに詰めて会社に持ってきました!お昼にパンに塗って食べてみようと思います!

養蜂の箱に入り、新天地に向かった女王蜂が来年も立派な巣を作ってくれます様に。。。。

豆もち作り

今年も、もう11月ですね。

まだまだ早いですが、今年初めての豆餅づくりをもう開始してしまいました(*’ω’*)

一回作り出すと、2か月間は、餅つき機は過酷な活動を繰り返します~♪

毎年「業務用じゃないのによく壊れないな。。凄いな」って思いますね。

O

豆を用意して。。。

O

餅つき機で出来上がった餅に青豆を投入~♪

O

混ぜたお餅を整形(。-`ω-)

O

柔らかいお餅は包丁で切りづらいので、少し寝かせてカットして出来上がり!!!

P1070034

次の日社長が会社のみんなにお裾分けを持ってきてくれました(*’▽’)

これは餅です!(注:警察24時とかで犬が見つけるアレではありません(´・ω・`))

P1070035

さっそくお昼に会社の石油ストーブの上で焼いて頂きます~♪

醤油をつけて・・海苔を巻いて・・・パクッ  うまっ!ってなります(*´ω`)

全自動の機械でもち米を炊いて、お餅をつく所まで自動でやってくれますので、あとは最後にお豆をいれてちょっと機械で混ぜると出来上がりです!あんまり早くお豆いれると粉々になりますので混ぜる程度で!それがポイントです(*’▽’)

おススメですよ。是非お試し下さい!

 

栗拾い

軽井沢の栗もポトポトと落ちはじめてきましたね。 

軽井沢町内にある私の実家の栗も良い時期になってきました(*^▽^*) 

日蔭にあるせいか、うちの栗は軽井沢の他のエリアの栗に比べると遅いのですが、

今年は台風の影響の風で栗が早く落ちてしまいました(*´ω`)

P1030962

P1030965

栗たくさん^^

P1030966

そろそろ落ちてくるかなぁ~なんて思いながら木の棒でつついてみたりして。。。

P1030968

拾った栗にカッターで切り込みを入れて、フライパンで焼いてみました(*´ω`)

P1030970

ホクホクの焼き栗完成!!

今日は栗ご飯かなぁ~(*^_^*)

P1030975

 

 

かぼちゃ

今年のかぼちゃは、信光不動産の期待の「かぼちゃ」

それは何故か?

例年、かぼちゃの苗や種を買ってきて植えていたのですが・・・

昨年、収穫をして食べていたかぼちゃの中で、おおっ!(´・ω・`)

こ、このかぼちゃ 「うまっ!!」という、とっても、とっても甘いかぼちゃが居たのです!

その運命の出会いを大切に、種を大事にしておいて(*´ω`)

今年!!

O

出来た!

O

出来たぞ!

O

こんなに!

O

煮込んで・・・

O

食べてみる・・・

うまっ!! あまっ!!

来年はこの中で一番美味しかったかぼちゃの種でチャレンジしますw

「信光かぼちゃ」ブランド目指します(。-`ω-)

信光不動産 どこに向かって行くのだろう・・・・

 

 

秋しいたけ

またまた「いもむし農園」のお話です(´・ω・`)

朝夕と寒くなってくる、この時期の軽井沢。。。

そんな頃に出てくるのが・・・「しいたけ」です。うちの原木にもた沢山のしいたけが生えてきました~♪

P1030899

う~ん 豊作!そしてこの時期、ちょっと仕事が忙しかったのも影響して。。。

P1030900

傘開きすぎ・・・これでは「しいたけの肉詰め」はできません(*´ω`)

P1030904

P1030906

収穫~(*^^)v 日蔭の所に原木を置いて育てているのですが、弊社の社長、何を思ってか、栗の木の下。。。しいたけの収穫時期と栗が落ちる時期が重なって、上からイガが降ってきます! 場所変えてほしい(>_<)

危険な収穫を終え、会社に持ってきて早速、生しいたけに味付けして煮込んで・・・

P1060910

お昼にカップうどんの厚い油揚げの上にど~ん!!!(しかも2枚)

毎回、ミョウガにしてもしいたけにしてもインスタント食品に乗せてばかりのご紹介ですが、家に持って帰った食材はちゃんと料理してますよ^^ホントですよ(*’ω’*)

みょうが

弊社の社長の自宅には、9月の中旬になるとミョウガが沢山とれます(*’ω’*)

お店に売っているものより香りが強くとっても美味しいのです!

P1030502

 

軽井沢産のミョウガが沢山育ってきました(。-`ω-)

P1030506

大豊作ですね。。。(*^^)v

P1030510

こんなに採っても明日になれば、またいくつも出てくるので遠慮なく採ってしまいました(*´ω`)

採れたてを会社に持ってきてお昼に頂きます~♪

簡単に食べれるように・・・・インスタントうどん

P1030512

これに採れたてミョウガを大量に投入~♪

P1030513

入れすぎかもしれませんが・・・うまい。。

家に帰ったら・・・

冷奴の上に乗せて
お味噌汁に入れて
天ぷら
甘酢漬け

色々な食べ方が楽しめますね(*^▽^*)

 

枝豆収穫!

弊社で管理している「軽井沢いもむし農園」の枝豆がいよいよ収穫の時期を迎えました(*^_^*)

P1030446

近づいて見てみると沢山の豆が実っております!

P1030445

これを収穫していくと、本当に数本引き抜き、収穫しただけで・・・・

P1030443

こんなに沢山・・・これは冷凍して長期保存の準備もしないとですね。枝豆のスペースは畳10畳分くらいの小さなスペースですが、これは大量に収穫できますね(*´ω`)

枝豆はおすそ分けにも人気の一品なので昨年よりも多くスペースを設けましたが、とれ過ぎです。

P1030451

早速、とれたてを茹でて頂きました~♪ とれたてはおいしい~(*^▽^*)

仕事が終わって家に帰ったら、すぐに茹ででもらってビールと一緒に「ぷは~!」ってやりたいです。

 

ブルーベリージャム作り

信光不動産が管理している「いもむし農園」では
例年、沢山のブルーベリーを収穫する事が出来ます(*’ω’*)

O

O

採れたてをぱくっと食べたり、牛乳と混ぜてブルーべリードリンクを作ったりと楽しめます^^

今回ご紹介させて頂のは、「ブルーベリージャム」

O

お砂糖と一緒に鍋にいれて・・・

O

コトコト・・・

O

コトコト・・・・

O

煮詰めます(*´ω`)

O

そうして出来上がり!!

無添加なので早めに食べないといけません(*’▽’)

軽井沢には美味しいパンやさんが沢山ありますので、そこのパンに付けて食べると・・・

「うまっ!!」 ってなります(*^_^*)

 

投網

昨日、弊社で毎年楽しみにしているビックイベント(。-`ω-)

投網に行ってきました!

軽井沢から40分 旧望月町の鹿曲川です。

投網は組合員でないとできません。
弊社の社長の右腕についてる黄色いのが組合員の腕章です(*’▽’)

解禁時間と同時に川に入り・・・

P1030228

早速、投網を打つ(*’ω’*)

P1030229

上手い人が投網を投げるとこんなに綺麗に広がります(*’▽’)

P1030232

P1030230

暗くなっても投網を打ち続け・・・

P1030243

社長の腕も疲れ、打った投網が綺麗に開かなくなった所で解禁日の投網終了です(*´ω`)

本日の成果は・・・こちら!

P1030263

並べると・・・

P1030272

こんなに沢山とれました(*’ω’*)

このさっきまで泳いでいた採れたて新鮮な鮎を肴にお酒を頂きます(*’▽’)

sioyaki1

定番の塩焼き!

ayumesi1

そして鮎めし!

ayusasi

ayuzusi

同業者の友人に、川魚の生食はやめた方が良いとアドバイスを受けてから、ちょっと心配になり、ここ何年か食べていませんが・・・

鮎の刺身と鮎寿司です。昆布とお酢でしっかり〆てます(*^^)v

自然に囲まれながら暮らす軽井沢。愉しみが沢山あります。

 

蜂を育ててみる。

先日、いもむし農園で作業中に蜂に刺されたという事で、その蜂の巣を発見し、殺虫剤を噴射!! オオデマリの木に作っていた巣を見事取りました(*’ω’*)

O

落とした巣を見て社長が後悔・・・これはジバチじゃないか?木の枝に巣を作るなんて初めてみた!勿体無い事をしてしまった(/ω\)

そんな事があった数日後。。。

P1030184

植木鉢をひっくり返し、穴を開け殺虫剤をかけてしまった巣を育ててみることに・・・(。-`ω-)

P1030182 (1)

よくみるとちゃんと蜂通ってますね(*´ω`)
女王蜂は無事なのか?この記録的な猛暑で大丈夫なのか?

P1030191

前途多難な挑戦ですが、この観察用イスで見守っていきますね(*^^)v

 

 

山うど

こちらも春の軽井沢の代表的な山菜のひとつです(*´ω`)

P1010737    山うどの株の上に、枯葉を沢山積んでおきます♪

P1010739
 積んだ枯葉の上から、ちょこっと芽が出てきたら、収穫時期になります(。-`ω-)

P1010748
枯葉をどかすとこんな感じに♪

P1010749
鎌で根元からザクザク!

P1010751       収穫しました!枯葉をかけておくと日に当たらない白く柔らかい部分が増えるので嬉しいです(*’▽’)

P1010752
写真左 山うどの胡麻和え     写真右 山うどのクルミ和え

P1010753
写真左 山うどのピーナッツ和え 
写真右 他の和え物を作った際にでた、うどの皮を利用しました 山ウドの皮のきんぴら

とこんな風にいろいろなお味で楽しめます(*´ω`)

自宅、別荘で山うどを見つけたら、次の年は早めにそこの場所に枯葉や土をかけておくと楽しめますよ。
土をかけ忘れた山うどは新芽を摘んで、天ぷらで頂くと美味しいです(*^^)v

 

フキ

社長の自宅に生えている「フキ」これが年々みるみる勢力を広げています。
庭は大きく「フキエリア」「ミョウガエリア」「福寿草エリア」に3つに分かれ、
その他に「山ウド」「タラノ木」「栗」が小さいエリアで頑張っているという状況なのですが、
この中の一番の勢力のフキがどんどん「ミョウガエリア」や「福寿草エリア」にも入り込み、拡大しております!

まとまらず、良く解らない前置きですが、要するに今回ご紹介するのは「フキ」です! 

もう時期は過ぎてしまいましたが、「ふきのとう」も楽しめますし、その後でフキの茎も楽しめる
一年で2度楽しめる山菜でございます(。-`ω-)
O

う~ん 太くていいフキですね!これを収穫(*’ω’*)

O

葉っぱを取る。。

O

O

鍋に投入!醤油、砂糖、みりん、酢、唐辛子を入れてコトコト煮込む・・・

P1010718

完成!!アツアツのごはんに乗せて頂きます (*´ω`) う・・うまい

 

タラの芽

タラの芽

タラの芽は軽井沢でも沢山ある代表的な山菜の一つです。
軽井沢の別荘やご自宅にありますと、毎年この時期がとても楽しみになりますよ(*’▽’)

ホームセンターにも苗木がありますし、あちこちに生えてますので地主さんにお話して少し分けて頂くのも良いかもしれませんね(*^▽^*)

弊社の社長の自宅のタラの芽です。(軽井沢町発地)

O

O

タラの木を長生きさせるポイントは最初の芽をとったら次の芽はそのままにしてあげるという事
です。出る度に採ってしまうと弱って枯れてしまいます。 

また本当にこの方法が良いのか解りませんが最初の芽を取った後、程よい高さで木をノコギリで切ると、2番目の芽が横から幾つか出てくるので次の年には一本の木で複数とれる量産型タラノ木に化けるかもしれません。

木が弱いと枯れる恐れもあるのでかなり勇気がいりますが・・・

P1010672

テンションも上がる。タラの芽の収穫です^^

O

そして採りたてを天ぷらに^^ 春を感じられるお味に大満足!(*’ω’*) 本当に幸せです^^

記事をご覧の皆様、是非、お庭にタラの木を!

 

自家製 かぶと山

カブトムシ

それは子供にとっての楽しみの一つです!
そのカブトムシの幼虫を自宅で、そして別荘で捕まえる事ができたら・・・
そんな素敵な山を作ったあなたは間違いなくヒーローです(#^.^#)

まず軽井沢の別荘やご自宅の日蔭でちょっとジメジメしている場所をみつけます。

〇そこに軽井沢町の貯木場で頂いてきたウッドチップで山を作ります。
〇そのまま放置・・・
〇うちでは、草刈して出た草もその上に積んでしまっています^^

 P1010667

↑ 成虫の写真も撮りたいので、幼虫発見後、網をかけてしまいましたけど、産卵の時期に網をかけてしまうとカブトムシが卵産めないですからね^^

そうすると・・・・(運が良ければ来年には)

P1010666

ちょっと掘り起こすだけでゴロっと2匹^^(雄雌はわかりませんw)

以前作った時には・・・

kabuto1

こんなに沢山。

それが、

kabuto4

さなぎになり、

先日、8月4日に「かぶと山」近くの木に成虫(オス)発見!

O

 かぶと山にかけた網は、土から出たてのカブトムシの柔らかい角に引っかかると角が曲がってしまうのでは・・(>_<)とか考えてたら気になって、外してしまいました^^;

かぶと山作りを皆様ぜひ試してみてください♪

こごみ

春の軽井沢(*^▽^*)

お庭には沢山の山菜が成長していきます!その中の一つであります「こごみ」

O

これも軽井沢の山菜を楽しむ上で欠かせません(。-`ω-)

P1010615

くるっと丸まった柔らかい部分を手でちぎり、収穫します!
天ぷらなど、様々な美味しい食べ方もありますが、おススメは「おひたし」
さっぱりとして、ビールのお供にも最高です(*^▽^*)

P1010633

こちらが完成形! なんの面白味のない料理ですが、ほうれん草のおひたしの様なお味に
加え、ほうれん草にない、しっかりとした歯ごたえがあります(*’ω’*)

これはうまいです!(私、大好きです)

マンションも良い所が沢山ありますが、土のある別荘も「山菜を知っている」というだけでもさらに楽しみが加味されます(*^^)v

よもぎ餅

こちらも春の軽井沢の山菜です。

よもぎに至っては、弊社の駐車場の一部に舗装されていない部分が少しあるのですが、そこにも生えてくる非常に雑草感の強い山菜ですね(*’ω’*)
それがこちら・・・(。-`ω-)

O

うん、雑草感たっぷり(*’ω’*)

これを茹でて、すって・・餅つき機の中に入れて・・・

O

でこれ!
O

それを食べやすいサイズに分けて並べるとこんな風になります^^ヨモギの香りが充満しています(*’▽’)   サイズがバラバラなのはご愛嬌^^

O

あんこを載せて完成!

濃い温かい緑茶と頂くと・・・

あ~日本人に生まれて良かった~(*´ω`)